ドストエーフスキイ全作品を読む会 読書会通信 No.71   発行:2002.2.10



次回(2月)読書会のお知らせ


2月読書会は下記の要領で開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

 月 日 : 2002年2月16日(土)
 
 時 間 : 午後6時00分〜9時(5時45分開場)

 場 所 : 東京芸術劇場小会議室1(池袋西口徒歩3分)
       .03-5391-2111
 報告者 : 下原 康子氏

 作 品 : 「主婦」(ドストエーフスキイ全集1:329〜399頁)

 会 費 : 1000円(学生500円)

 ※ 主に米川正夫訳『ドストエーフスキイ全集』をテキストにしています。

 ◎ 読書会終了後は駅近くで二次会を予定しています。

 時 間 : 〜 11時頃迄
 会 費 : 約2〜3千円




ドキュメント『主婦』  −報告に代えて


下原 康子
                        

 「まったくのナンセンス」作品。当時のロシアの偉大な批評家ベリンスキイは『主婦』をこう評した。若きドストエーフスキイと文壇は『九通の手紙に盛られた小説』以降、その乖離にますます拍車をかけた。そして、『主婦』によって両者の対立は決定的なものとなった。その意味で、作品『主婦』はその後のドストエーフスキイの人生にとって重要な分岐点ともいえる。若きドストエーフスキイは、この作品をどのような状況下で書いたのか。書簡からドストエーフスキイの軌跡を追ってみた。(米川訳『ドストエーフスキイ全集16』書簡上)

1845年:24才

3月(兄ミハイル宛)
 ぼくはどんなにせっぱつまっても歯をくいしばって注文仕事はしまいと誓いをたてました。注文というやつは何もかも押しつぶしてしまします。台なしにしてしまします。ぼくは自分の書く作品はどれも文句のつけようがないほど完璧に仕上がっていないと気がすまないのです。
 『貧しき人々』は「もうこれ以上決して手をださないと誓いました」というほど何度も書き直した作品であった。しかしながら、その後の作品においては注文仕事はしないという誓いは物の見事に破られた。

10月8日(兄ミハイル宛)
 ネクラーソフは生まれながらの投機師で、さもなかったら、存在できなかったはずです。彼はそのために生まれてきたのです。そういうわけで、帰ってくるとその晩ぼくのところへ来て、普及版小型文集の案を持ち出しました。
 その後ネクラーソフは『現代人』誌、『ペテルブルグ文集』(『貧しき人々』は1946年1月ここの載った)で成功し、長く出版界に君臨することになる。

11月16日(兄ミハイル宛)
 ベリンスキイは言葉につくされぬほど僕を愛しています。つい近ごろパリからツルゲーネフが帰ってきてのっけからぼくに深い愛情と友誼で結びついたのでベリンスキイはツルゲーネフはぼくにほれこんだと言ったくらいです。彼は実にいい男です。ぼくもほとんど彼にほれこんだほどです。/クラエーフスキイはぼくが金のないことを聞いてどうか五百ルーブリ借りて欲しいといとも慇懃に頼むという有様です。/ミーヌシカ、クラールシカ、マリアンナなどという女たちはなんともいえないほど美しくなりましたが、目の玉が飛び出るようなお金がかかります。この間もツルゲーネフとベリンスキイがだらしない生活をすると言ってぼくを罵倒しました。あの連中はどういうふうにぼくを愛したらいいのかまるでわからないのです。みんな一人のこらずぼくにほれこんでいます。ぼくの借金はもとのままです。
 つかの間の絶頂期。それにしてもドストエーフスキイは金銭感覚においては並はずれた欠陥人間だったと言わざるをえない。

1846年:25才

4月1日(兄ミハイル宛)
 仲間の連中が、ベリンスキイを初めだれもかれもが、ゴリャートキンでぼくに不満をいだいています。/ぼくには恐るべき欠点があります。それは方図のない自尊心と名誉心なのです。自分はみんなの期待を裏切った、傑作と成り得べきものを台なしにしてしまったという想念がぼくを責めさいなむのです。
 気まずくなっているにもかかわらず、ベリンスキイのために旅行先での保母さがしにやっきになっている。たびたび引越しをしてお金を浪費。ミハイルがエミリヤと結婚。

10月7日(兄ミハイル宛)
 ペテルブルグはぼくにとって地獄です。ここで暮らすのは実に苦しい、ほんとうに苦しいのです!健康は次第に悪くなるのが感じられます。/『現代人』は1月1日からネクラーソフとパナーエフが刊行します。/しかし、ぼくはいっさいのものを遁れて逃げ出します。
兄さん、僕を助けてください。クラエーフスキイは金を貸してやると押しつけてきます。でも僕はすでに百銀貨ルーブリ借りているので、今は彼から逃げ回っているのです。常に借金をさせておくのはクラエーフスキイの盛んに使うやり口ですが、それは僕を奴隷にし、文学の仕事で彼に隷属させるやり方なのです。
 神経性の病になやまされ体調が悪い。転地のためイタリア旅行を計画。しかし、クラエーフスキイに前借りしては小説を書く自転車操業にはまっているためどうにもならない。

10月下旬(兄ミハイル宛)
 ぼくは別の小説を書いていますが、その仕事はかつての『貧しき人々』の時のように、爽やかな気持ちで軽々とすすんで、成績もいいのです。クラエースキイに向けるつもりです。『現代人』のご連中が冠を曲げようと、そんなことは平気です。しかし、来年の一月までにこの小説を書きあげたら、ぼくはまる一年作品の発表をやめて、いま寸時もぼくを落ち着かせてくれない長編を書くことにします。
 の小説――つまり『主婦』を書きはじめる。ベリンスキイたちから完全に別れる決意。
 長編というのは『ネートチカ・ネズヴァーノヴァ』

11月26日(兄ミハイル宛) 
 ぼくは『現代人』といよいよ喧嘩別れするという、不快な結果を見ました。/やつらはみんな卑劣なやっかみやです。ぼくがネクラーソフをくそみそにやっつけた時、彼はちょこちょこと小走りに、まるで金を盗まれかかったユダヤ人よろしく、逃げ出してしまいました。
 次に新しい宿所を書きますこれからそこへ宛ててください。ヴァシーリエフスキイ島1丁目大通り角、ソロシッチ持家、番地は26号、ルーテル派教会の向かい。
 ネクラーソフと大ゲンカし『現代人』と決別。クラエーフスキイの『祖国雑誌』に頼らざるをえない状況。新しい下宿でベケートフ、ザリュベーツキイたち友人と共同生活。ペトラシェフスキー・サークルに近づいていく。 

12月17日(兄ミハイル宛)
 ぼくは夢中になって執筆しています。なんだかわが文学界ぜんたい、すべての雑誌、すべての批評家を相手に訴訟でも起こしたような気がしてなりません。『現代人』は盛んに売り出しています。『祖国雑誌』とのつばぜり合いがはじまりました。
 ドストエーフスキイがさかんに翻弄された当時の文壇と出版業界の状況は新谷先生の『ドストエーフスキイの方法』に詳しい。

1847年:26才

1月〜2月(兄ミハイル宛)
 ぼくの性質は人には反感をいだかせるようないやなところがあります。/何かの偶然によっていつもの凡俗の世界から力ずくで引き出された時だけぼくは自分が真情もあれば愛情もある人間だってことを人に見せることができるのです。それまではぼくはいまわしい男なのです。こんなふうに均衡の欠けた性格は病気のせいだと思っています。/この間じゅうずっとふさぎの虫に取りつかれて、書くことができなかったのです。/兄さん、ぼくは病気だったのです。/ぼくは『主婦』を書いています。もう『貧しき人々』以上にいいものになりつつあります。これも同じような種類のものです。ぼくの筆は、まったく魂の底からほとばしり出る霊感の泉に導かれています。あの一夏じゅう苦心した『プロハルチン』とは、わけが違います。
 記録に残るドストエーフスキイの最初のてんかん発作はシベリア(オムスク)だが、その数年前から数秒間意識が抜け落ちるような欠神発作があったと考えられる。このような発作が数年続いた後、何かのストレスをきっかけに大発作が起こってくるという経過はよく見られる。(金澤 治 知られざる万人の病 てんかん 南山堂)ドストエーフスキイは自分の病気に対する科学的関心を強く持っていたが、当時の医学はそれに答えられなかった。

4月(兄ミハイル宛)
 ぼくの宿所は、マーラヤ・モルスカヤ街・とヴォズネセンスキイ通りの角で、シーリの持家、ブレムメル方ドストエーフスキイです。/あなたはとてもほんとうにしないでしょうが、文壇生活を始めてからもう三年目ですが、ぼくはまるで毒気にあてられているようです。人間らしい生活を見ることはできず、正気に返る暇もないのです。/みんながぼくに曖昧な名声をつくり上げてくれましたが、この地獄がどこまで続くのか見当がつきません。
 病気、経済的窮状、文壇との対立。さすがのドストエーフスキイにも泣きが入る。

9月9日(兄ミハイル宛)
 ぼくは自分の下宿にこもっていて、あなたを待つことにします。ぼくはいま健康にすぐれないのです、ある小説(『主婦』)を書きあげているところです。10月に掲載されます。
 文壇や出版界とのいさかい、金策、病気、引っ越し、『貧しき人々』以降の作品の不評、そうした中で書きあげた『主婦』だったがその評は、新進気鋭の若き作家のプライドをズタズタに引き裂くものだった。

1848年:27才

5月18日(マイコフ兄弟の母親 E.P.マイコヴァ宛)
 取り急ぎお詫び申し上げます。昨晩はひどく激昂してお宅を辞してしまいました/小生はおのれの性質の弱点を予感して、本能的に逃げ出したのです。それは極端に押しつめられた場合、爆発せずにはいられないので、しかも他ならぬ極端な形で、誇張法的に爆発するのです。/小生はざっくばらんに心底から謙抑な気持ちでお詫びしようと思って筆を取ったのですが、にもかかわらず形式ばった自己弁護を始めました・・・。
 マイコフ兄弟は『分身』を評価した批評家。マイコフ家に招かれたとき、誰かにからかわれ口論になったようだ。このころ兄ミハイルも退官しペテルブルグに出てきていたので、米川全集の書簡に収められた1848年の手紙はこれのみである。


1849年:28才

2月11日(『祖国雑誌』の発行者 クラエーフスキイ宛)
 小生が約束を履行せんとして自分自身に強制を行って、中にはいろいろと駄作(いや単数かもしれません)『主婦』のごとき駄作をものして、そのため誤認と自己卑下に陥り、その後もしっかりしたどこに出しても恥ずかしくないものが書けなかったからです。失敗のたびに小生は病気になりました。
 お金の工面だけが目的のなさけない手紙である。自ら『主婦』を駄作と言っている。

4月上旬(クラエーフスキイ宛)
 いま小生に必要なのは15ルーブリです。ただの15ルーブリです。この15ルーブリで小生は落ち着くことができます。誓って申しますが、それがあれば原稿を書く気がまえも勇気も増してきます。貴君にとって15ルーブリが何でしょう?ところが小生にとっては大金なのです。お願いです。小生はまる一週間も文無しでいたのですから。せめて幾らかなり!『祖国雑誌』にこんな貧乏文士がいるなんてもうまったく恥じさらしです。
 ペトラシェーフスキイ事件による逮捕は、この手紙からまもない4月23日のことであった。

D・V・グリゴローヴィチの回想(『文学的回想』)

 劇的なデビューを果たした若きドストエーフスキイ。だが、三年の作家生活で彼が得たものは、『現代人』との決別、文壇との断絶だった。なぜこんなことになってしまったのか。工兵学校時代からの友人でのD・V・グリゴローヴィチはその原因についてこのように分析している。

 『貧しき人々』の作者として崇拝され、まるで天才であるかのように持ち上げられていたのが、急に、思いもかけず、「文学の才能は全然無い」とまでこき下ろされたのでは、ドストエフスキーのように感受性が強く自尊心の強くない人でも、参ってしまうだろう。彼はベリンスキイの仲間を避けるようになり、以前にもましてすっかり自分の殻に閉じこもってしまい、極度にいらだちやすくなった。(V・ネチャーエワ 中村健之介訳『ドストエフスキー写真と記録』論創社 1986)

 グリゴローヴィチは『貧しき人々』をネクラーソフに紹介した作家。(代表作『不幸者アントン』)工兵学校時代の文学友だちであり、一足先に作品を発表していた。同居人だったこともある彼はドストエーフスキイの才能とともに、彼の純粋で一途な性格を見抜き、生涯を通して親愛の情を失わなかったようだ。文壇以外でもドストエーフスキイにはそのような友人が少なくない。その一人医師のヤノーフスキイは『ドストエフスキーの思い出』の中で「フョードル・ミハイロヴィッチはその気質とその頑固さからして、いかなるものであれ、権威に服従するということが好きではなかった」と書いている。




4つの『主婦』評


小品で評価も低いことから、『主婦』の評論は少ないと思われる。かろうじて集めた5つの評を紹介する。

V・G・ベリンスキイの『主婦』評(『1847年のロシア文学瞥見』)

 作者が、その気まぐれなファンタジーの驚くべき謎について必要不可欠な説明と解釈を与
えてくれぬ限り、この、恐らくは極めて興味深いものであるに違いない小説『主婦』の、思想のみならず、意味そのものでさえ、我々の理解力をもってしては理解出来ない秘密であり、いつまでも秘密のままであろう。そもそもこれは何なのか?――1つの才能が不相応の高みまで登らんと欲して、そのためにありふれた道を歩むことを嫌い、何かあらぬ道を探している、そのような才能の乱用あるいは才能の貧困であろうか?それは我々には分からない。我々にはただ、作者が、マリンスキー(1797-1837 バイロンとユゴーの影響を受けたロマンチシズムの作家、軍人・デカブリスト)とホフマンを和解させようと試みて、そこへ最新種のユーモアを少々混ぜ、それからすべてをロシアの国民性という艶出し薬で力をこめて磨いたのだ、と思われただけである。とすれば、何やらグロテスクなものが出来あがったとしても、驚くには当たるまい・・・。(V・ネチャーエワ 中村健之介訳『ドストエフスキー写真と記録』論創社 1986)


ベリンスキイの文学観 (『ペテルブルグの生理学』序 1845 )

 文学はその言葉の広い意味において生きた世界全体であり、自然のように多様なニュアンスを帯びていて、その作品はさまざまな種類形態、階級部分にわかれ、巨きな象から小さな雀にまで渉っている。天才の名に輝いていない文学は哀れだが、天才の作品も無能凡庸の作品もすべてあるのでなければ豊かだとはいえぬ。凡庸の才は文学の富に必要であり、それが多ければ多いほど文学にとって良いのだ。だが、それが繰り返していうが、わが国には少ないので、それゆえ大衆には読むものがないのだ。

 ベリンスキイという人 (ゲルツェン『過去と思索』) 1845 )

 「彼は布教し、説教することがなかった。彼に必要なのは口論だった。反論し憤慨することなしには彼はよくしゃべれなかった。・・・彼は豹のごとく相手に飛び掛かり、それをずたずたに引き裂いた。・・・・・口論は病人の喉からあふれ出る血をもって終わることが多かった」
(新谷敬三郎『ドストエーフスキイの方法』海燕書房 1974)

 ベリンスキイは当時35,6才。結核におかされており、1848年5月26日にはもう亡くなっている。最晩年、ネクラーソフと雑誌の収益の取り分の請求で断られたことがもとでけんかしをし失意のうちに死んだ。「権威ある批評家」という大御所的イメージとはだいぶ違う。思想も文学に対する考え方もドストエーフスキイと異なっていたが実務能力の欠如や熱中症という同じ傾向をもっていたようだ。
 1877年『作家の日記』でドストエーフスキイはベリンスキイとの邂逅を「それは私の生涯を通じて最も感動的な瞬間だった。懲役に服していたとき、私はこのことを思い出して気力を取り戻した。現在でも思い出すたびに感激を禁じえない」と回想した。また同じころの『作家の日記』に死の床にあったネクラーソフの側でお互いに口には出さなかったが、共通の思い出に浸ったことを書いている。(米川訳『ドストエーフスキイ全集15』作家の日記下)


米川 正夫の『主婦』評
(『ドストエフスキー全集別巻:ドストエーフスキイ研究』)

 『主婦』は失敗作であるが、初期の小説の中で研究の対象として最も興味深い作品でもある。
第一に注意すべきは、『主婦』が空想家というテーマを最初に芸術化した作品あることである。/主人公のオルディノフに託してドストエーフスキイは当時の自身の内面を完全に具象化している。/ドストエーフスキイが後年『大審問官』や『おかしな人間の夢』等々で表現した人間の運命に関する偉大な思想はすでにこのころからこの作品において萌芽を示している。/ムーリンはその肉づけは欠如していて、生きた人間の脈はくは感じられないけれども、後年ドストエーフスキイの創作において重要な役割を働いたモチーフの一つがここで最初のひらめきを示している。/女主人公カチェリーナは『白痴』のナスターシャと多くの近似性を示している。/「偉大なる」批評家ベリンスキイはこの作品の表面のみを撫でて、まったくのナンセンスと評し去り、その底に隠れた哲学的深みを看取できなかった。

ドストエーフスキイ研究の大御所ならではの読みの深さではある。しかしながら後年の大作があってこその批評だから、『貧しき人々』しか知らなかったベリンスキイの評と比べるのは公平ではない。


中村健之介の『主婦』評
(中村健之介『ドストエフスキー人物事典』朝日新聞社 1990)

 ベリンスキーが精神病院にしかないと評した「何かえたいのしれないもの、ファンタスティックなもの」こそがドストエーフスキイの文学に最初から現れている「本質的な」ものを示している。『女あるじ』にみられる内的感覚の記述は、ドストエーフスキイ自身の体験に根ざしている。当時、彼は「幻想と予感」に襲われる「神経性の病気」にかかっていた。それは「死の恐怖」を伴っていた。実際に仮死状態に陥ることがあった。オルディノフの強烈な暗黒と光明の体験は、「臨死体験」と似かよっている。ドストエーフスキイはミハイルに「神経がいかれてきたときは、それをものを書くために利用した」と書いている。『女あるじ』はその病的感覚の活動が物語形式でなく、直接的記述で書かれているため、健全者の読者には「えたいの知れないもの」になった。しかし、だからこそその中にドストエーフスキイの天与の病的感覚が生きたまま泳いでいるとも言える。

自分が精神異常だと思い込んだドストエーフスキイは当時、脳解剖学の権威だったガルの「骨相学」を熱心に読みふけった。自分の頭の骨格をみて細かい性格分析をして欲しいと医者(ヤノーフスキイと思われる)に頼み込んだ。(アンリ・トロワイヤ『ドストエフスキー伝』中公文庫)

 『読書会通信』編集者下原氏は感覚派・中村氏の魅惑的なこの評をエサに『主婦』のレポーターを報告者に引き受けさせた。その結果、報告者が健全者の読者であることが立派に証明された。喜ぶべきか残念に思うべきか・・・。「病的感覚が生きたまま泳いでいる」この作品は精神医学における興味ある一症例としての価値を有するので、その方面で利用されるとよいと思う。無治療のてんかんに死ぬまで苦しめられたドストエーフスキイだったが、もう少し長生きしていたらてんかん研究に自ら貢献する機会が持てたかもしれない。「臨死体験」への洞察も聞きたかった。


ニーチェの『主婦』評(渡邊二郎『ニーチェのドストエフスキー発見』)

 ニーチェは1887年、偶然フランス語訳の『女あるじ』を読み、強い「新縁性」を感じた。ドストエーフスキイの作品に触れたのはこれが初めてだったのだが、これをきっかけとしてかれはドストエーフスキイの没頭し、やがてドストエーフスキイとの出会いは「私の人生の最もすばらしい僥倖」であった、と言うまでになる。(『ドストエーフスキイ人物事典』)

 文学的評価はどうあれ、このエピソード一つで『主婦』の存在意義はあったと言えるだろう。それにしても、健全者の読者である報告者の胸を騒がせるのは「読書会参加者諸氏のなかにもこの作品にニーチェのごとき新縁性を感じる方がおられるかもしれない」という疑問である。




「ドストエーフスキイの会 」情報

第150回例会報告

福井勝也氏が「新谷敬三郎先生のドストエフスキー論について」を報告

 ドストエーフスキイの会開催の第150回例会は1月26日(土)に開かれ、福井勝也さんが「新谷敬三郎先生のドストエフスキー論について」を報告された。
新谷先生は、木下豊房氏と1969年にドストエーフスキイの会を発足させ会の開催継続に尽力された。読書会にも、発足当初から毎回参加され、あたたかくご指導くださった。先生は1995年11月に多摩のホスピスでガンのため亡くなられた。73歳であった。7回忌にあたる昨年、「偲ぶ会」が開かれ、先生と親交のあった多くの方が出席された。こうした経緯を踏まえての第150回例会報告であった。出席者は13名と、普段よりやや寂しい状態であった。が、新谷先生と親しかった参加者が多数参加したこともあって内容の濃い例会となった。報告と質疑応答は、時間を30分延長。新谷先生の思い出が懐かしく語られた。
 甦った新谷先生の肉声に感動 ! 報告の最後に福井さんはテープに録音していた新谷先生の肉声を流された。1978年6月24日第9回総会が早大の小野講堂で開かれた。そのときの記念講演で新谷先生が挨拶されたものだった。24年ぶりに聴く新谷先生の肉声。50才前後だろうか、若々しいその声に在りし日の先生がよみがえった。
私が死んでも会はつづくでしょう。ドストエーフスキイの会は不滅です!!
先生は挨拶を、このような言葉で締めくくった。まるで今日を予見したように・・・。




ドストエーフスキイ情報


◇新聞・キリスト新聞2002年1月19日 稀有のキリスト者劇作家高堂要氏逝去
早稲田・スコットホールに約500人
 昨年12月21日に69歳で亡くなった高戸(高堂)要さんの葬儀が行われた。/牧師で作家の三枝禮三さんが/高戸さんの劇作について語った。(以下)
そして、「劇作家の心を(ドストエフスキー作品の登場人物)マルメラードフに結びつけたのは『(どこへでもいっさい行くところがなくても)人間だれだって行くところがなくてはやりきれない』というせりふだった。絶対にたどり着けない不可能な壁を乗り越えさせられて今、主にあって平和のうちにある」

◇雑誌・『新潮』2月号 新潮新人賞・新選考委員の言葉 沼野充義氏
 ちっぽけな自分だけでなく大きな世界があり、ドストエフスキーやジョイスの既に書いたものがあることを忘れないでほしい。

◇雑誌・『日本醫事新報』NO.4055 2002年1月12日
「新しくて古い戦争」鈴木司郎(津健康クリニック管理医師)
  昨年9月11日、マンハッタンの摩天楼がもろくも崩壊する映像わ見た時の最初の印象は、「この世の終わり」であった。/テロに対する戦争。/しかし、十字軍によるエルサレム侵攻やその他の宗教戦争、現在のパレスチナ、イスラエル間の紛争を想起すれば、今回の新しい戦争は、実は新しくも何ともないのではないかと思う。/そうなってくると、人間の本性に対する深い洞察を記した『カラマーゾフの兄弟』の大審問官の一章に多くの示唆があるのではないかと思う。/

◇新聞・読売新聞(夕刊)2002年1月22日 「季評文学」の欄
 「主題と物語の力関係」   三浦雅士(文芸評論家)
/『模倣犯』は評判のミステリーだが、主題は必ずしも軽いものではない。ドストエフスキーの『罪と罰』に似通っているとさえ言える。とはいえ、『罪と罰』の主人公ラスコーリニコフは殺人の思想的な理由にこだわったが、宮部みゆきのラスコーリニコフである網川浩一
はただその独創性にのみこだわるのである。ラスコーリニコフの自我の病は、網川浩一においては母子関係の病なのだ。


新刊紹介

『神と科学と無』
森 和郎著 鳥影社 定価(本体2500) 2002年2月3日
 ヨーロッパ哲学を検死する。精紳の独立宣言 ヨーロッパ的思考の呪縛を解かずに混迷からの脱出はありえない。それでも、私はドストエフスキーの口吻を借りて、ひとつ悪態をついてみたい。
「僕はでたらめを言うことだって、自分の知恵じやできないんですよ!・・・自分一流のでたらめを言うのは、人真似で一つ覚えの真理を語るより、ほとんどましなくらいです。(『罪と罰』ラズミーヒン)」

『ドストエフスキーその対話的世界』
木下豊房著  成文社 定価 3600円
 永遠の文学、その核心の探求。そして、その受容と変容、現状と未来への的を得た解説。ロシア文豪を永年にわたって追い続けてきた、著者ならではの成果。それは、國際化する文豪研究への参加、文豪ゆかりの地への訪問など、文字通りドストエフスキーへの旅の成果でもある。





2001年読書会活動報告



2月 3日(土) 読書会通信65発行

2月10日(土) 会 場:東京芸術劇場小会議室1、参加者23名  
          作 品:『分身』
PM6:00〜9  報告者:フリートーク、(題名について・駄作か傑作か)

4月 7日(土) 読書会通信66発行

4月21日(土) 会 場:同上、参加者18名
         作 品:『分身』−ゴリャードキン氏の冒険―
PM6:00〜9  報告者:秋山伸介氏(「分身―その不可能性の可能性」

6月 1日(金) 読書会通信67発行

6月 9日(土) 会 場:同上、参加者13名
         作 品:『プロハルチン氏』
PM6:00〜9  報告者:フリートーク

8月 4日(土) 読書会通信68発行(暑気払)

8月11日(土) 会 場:同上、参加者21名
          題 目:ドストエーフスキイと私
PM1:00〜5  報告者:金村繁氏「最初のドストエフスキー体験」
          堤崇弘氏「神棚から本棚へー内なるドスト氏相対化の自分」
読書会30周年 熊谷暢芳氏「ドストエーフスキイの謎の謎」
記念       中谷光宏氏「夏に記す冬の印象」
シンポジウム  石川啓一氏「神について」
          吉本直聞氏「ドストエーフスキイと私」映像作家の視点から

8月11日(土) PM6:00〜9、暑気払・カラオケ大会、参加者10名
10月3日(水) 読書会通信69発行
10月7日(日) 読書会ハイキング、初秋の西沢渓谷、参加者7名

10月13日(土) 会 場:東京芸術劇場小会議室1、参加者15名
           作 品:「九通の手紙に盛られた小説」(『ド全集1』
PM6:00〜9   報告者:藤本敦子氏

11月30日(金) 読書会通信70発行

12月8日(土)  会 場:同上、参加者14名
           作 品:「ペテルブルグ年代記」(『ドストエーフスキイ全集19、20』)
PM6:00〜9   報告者:フリートーク    忘年会参加者13名
1



2001年ドストエーフスキイの会活動報告


 3月14日(水) ニュースレターNO.48 発行

 3月24日(土) 編集会議『広場』10号について 原宿喫茶店 PM4:30〜5:30
 
 3月24日(土) 会 場:第146回例会・千駄ヶ谷区民会館
           題 目:意識が外界と反響する瞬間 
             『カラマーゾフの兄弟』における心の奥に「誰か」の声が響く時
 PM6:00〜9  報告者:加藤純子氏

 4月14日(土)  福井勝也氏の『ドストエフスキーとポストモダン』出版を祝う会
 PM2:30〜    武蔵小金井「カフェ・ド・ヴェール」出席者20名

 4月21日(土)  『広場』10号発送作業、会場・下板橋集会場

 5月15日(火)  ニュースレターNO.49 発行

 5月26日(土)  会 場:第147回例会、総会・千駄ヶ谷区民会館
            題 目:1840年代の作家業
 PM6:00〜9   報告者:大野斉子氏

 7月15日(日) ニュースレターNO.50 発行

 7月21日(土)  会 場:第148回例会・千駄ヶ谷区民会館
            題 目:“貧しき騎士”・ムイシキン公爵の“運命の高貴な悲しみ”
 PM6:00〜9   報告者:木下豊房氏

 10月31日(水) ニュースレターNO.51 発行

 11月 3日(土) 新谷敬三郎先生を偲ぶ会 出席者30余名
 PM4:00〜   高田馬場付近レストラン、会員出席者7名

 11月 3日(土) 編集会議『広場』11号について 原宿「ノア」PM4:30〜5:30

 11月10日(土) 会 場:第149回例会・千駄ヶ谷区民会館
            題 目:犯罪文学とドストエフスキー
 PM6:00〜9  報告者:桜井厚二氏


会員訃報

江川 卓氏(74)2001年7月4日  高堂 要氏(68)2001年12月21日

大野五十鈴氏




ドストエーフスキイの会会員・全作品を読む会会員関連の2001年出版物


『論集・ドストエフスキーと現代――研究のプリズム』
木下豊房&安藤厚編著 多賀出版 定価9500円
 国際的な場に開かれた形での現代日本ドストエフスキー研究の最前線と現状を紹介したもので、この刊行が日本におけるドストエフスキー文学の読み方の現状に揺さぶりをかけ、新しい地平を開くきっかけとなることを期待したい。

『ドストエフスキーとポストモダン』
福井勝也著 のべる出版 発売・コスモヒルズ 定価1400円
 時代のニヒリズムが蔓延する情況で、無思想な言説だけが流布されている。著者のドストエフスキーに込めた情熱は、この無為を撃ちたいという本質的な欲求に根ざしている。ドストエフスキーを、19世紀のロシアを代表する「世界的な大文豪」という狭隘な理解では、いまの思想情況では撃てない。革命と神、犯罪と悪、父と子、加虐と被虐・・・あらゆる現代的な課題が彼の作品の中に網羅されている。

『ひがんさの山』
しもはらとしひこ著 南信州新聞社出版局 セット定価1500円
 ラスコーリニコフの斧が憎悪の一撃であるのに対し、(主人公のナタは)愛の一撃であって、こんなところにも紛うかたなくドストエーフスキイを感じた次第である。岡村評

『ロシア文化の森へ――比較文化の総合研究』
日本におけるロシア文化研究の現在 ナダ出版センター 7000円
 早稲田大学の比較文化研究は坪内逍遥を先駆者として日夏耿之介、木村毅、谷崎精二らにより培われてきた。その伝統を受け継ぐ比較文学研究者とその協賛者が研鑚してきた研究成果を一堂に集約したロシア文化・文学の比較論文集。
<論文執筆者>
第一部 ロシア文化のなかのヨーロッパ  第二部 日本とロシア――交流のなかで
杉里直人、井桁貞義、桜井厚ニ、柳富子、他     国松夏記、佐々木寛、他

『「カラマーゾフの兄弟」を読むV―新たなる出発』
清水孝純著 九州大学出版会 本体3400円 (全三巻完結)
 愛欲の極限をゆく魂と、ニヒリズムから狂気に至る魂と、それらを包む謙抑の魂と、それらが織りなす世界文学最大の劇的空間の解読。豊な現代性を現代によみがえらせる。

『現代用語としての「ドストエフスキー」』
桜井厚二著 東洋書店 本体600円
 新聞などにしばしば登場する「ドストエフスキー的」という表現。日本人にとってのイメージは?

写真集『五十歳になった一年生』
下原敏彦&「熊谷元一と一年生の会」編纂 精興社 定価1700円
 昭和28年山村の小学校へ入学した、一年生の一年間を担任教師がカメラにおさめた。43年後、米寿を迎えたかっての教師は、五十歳になった一年生を撮るために旅だった。
 21世紀に伝えたい学校教育がここにある。かって信州の山村に、こんな子供たちがいた。

『緑色のカーテン―ドストエフスキイの「白痴」とラファエッロ』
冨岡道子著 未来社 本体2500円
 長編小説『白痴』は、どのように構成され熟されていったのか。深い洞察力、息を呑む展開、物語のクライマックスへ誘う<一枚の絵>。<緑>をキーワードにスリリングに解き明かす『白痴』の中の謎。

『民族・宗教と世界文学』大木昭男著「ロシア文学に描かれたコーカサス問題」
大木昭男&丸山昇共著 創樹社 本体2500円


『欧化と国粋――日露の「文明開化」とドストエフスキー』
高橋誠一郎著 刀水書房 本体2400円
 「文明の衝突」はなぜ起きるのか。「祖国戦争」でナポレオンに勝利したロシアは約半世紀後にクリミア戦争に敗北して「欧化」の波と直面し、明治維新で近代化わ行い日露戦争に勝利した日本もほぼ同じ道をたどった。「欧化と国粋」の対立の克服を目指したドストエフスキーと福沢諭吉ね中江兆民、夏目漱石の文明観を比較して、日露の「文明開化」の類似性を明らかにし、「国民国家」史観の問題点に迫る。

『宮崎駿を読む』
清水正著  鳥影社 本体1200円 2001年12月10日発行
 アニメ映画「千と千尋の神隠し」『天空のラビュタ』『風の谷のナウシカ』論
ラスコーリニコフの思想を究極にまで徹底すれば、<非凡人>すなわち<神に選ばれし者>
は「神に照らして血を流すことが許される」となる。/「神が存在するからこそ、その神の名においてすべてが許される」というこの思想が孕んでいる危険に気づかなければ、『天空のラピュタ』を本当に読んだということにはならない。」

『今村昌平を読む』
清水正著 鳥影社 定価3200円 2001年11月8日発行
 『赤い殺意』から『赤い橋の下のぬるい水』まで。2000年4月、わたしはとつぜん今村昌平の映画について批評したくなった。/今村昌平の人物達が抱える<曖昧の深淵>は、たとえばドストエフスキーの人物達が抱える<罪と罰>などと関連付けて考察すれば、途方もない問題を投げかけてくる。



12.8読書会報告

 12月読書会は、師走のなか14名の参加者がありました。忘年会出席者は13名でした。





編集室便り


皆さんからカンパいただきました。お礼申し上げます。

読書会で報告されたい方はお知らせください。読後感想、作品論、作品を通じての意見。
年6回発行の「読書会通信」は、皆様のご支援でつづいております。ご協力くださる方は下記の振込み先によろしくお願いします。(一口千円です。)

〒口座名・「読書会通信」    口座番号・00160-0-48024

エッセイ、紹介などドストエーフスキイ関連原稿をお寄せください。
『広場』バックNOをお求めの方はご連絡ください。(ない号もあります)

「読書会通信」編集室:〒274-0825 船橋市前原西6-1-39-502 下原方