ドストエーフスキイ全作品読む会
Medical Dostoevsky & My Dostoevsky

  (下原 康子 作成)
asa@shimohara.net

題 名    典 拠  収録 
赤田豊治 精神病理学の立場から [ムイシュキンのてんかんに関連して](1963) 抜粋  ドストエーフスキイの世界 荒正人編著 河出書房新社 1963背景と環境の章より (P.267-272) 2017
J.J.Paris 他:NICUにおける終末期意思決定へのアプローチ:ドストエフスキーの「大審問官」からの洞察 (2006)
論文翻訳 Journal of Perinatology (2006) 26, 389?391. doi:10.1038/sj.jp.7211535;published online 4 May 2006
2016
Martha Montello:カラマーゾフ コンプレックス:ドストエフスキーとDNR(蘇生措置拒否)指示 (2002)   論文翻訳  Perspectives in Biology and Medicine, Volume 45, Number 2, Spring 2002, pp. 190-199
2016
Bhattacharyya KB.「ドストエフスキーとてんかん」(2015) 論文翻訳  Neurol India 63:476-9. 2015 2016
オットー・ランク『分身 ドッペルゲンガー』 抜粋 有内嘉宏 訳 人文書院 1988 2015
ドストエフスキーてんかん発作の記録/エムスでの療養日誌 抜粋 『ドストエフスキー未公刊ノート』小沼文彦訳 筑摩書房 1997  2015
Eric Lewin Altschuler: 統合失調症(スキゾフレニア)の最も古い症例の一つ ; ゴーゴリの『狂人日記』 (2001) 論文翻訳  BMJ. 2001 Dec 22-29;323(7327):1475-7 2015
Ivan Iniesta「ドストエフスキーにおけるてんかん」(2013) 論文翻訳 Progress in Brain Research 205:277-293,2013   2015
P.H.A.Voskuil「ドストエフスキーの小説におけるてんかん」(2013) 論文翻訳  Front Neurol Neurosci. 2013;31:195-214. doi: 10.1159/000343236. Epub 2013 Mar 5.    2015
Sebastian Dieguez:文学における様々な分身:身体的自己に関する研究における文学の貢献 (部分訳)
論文翻訳  Front Neurol Neurosci.2013;31:77-115. doi: 10.1159/000345912. Epub 2013 Mar 5. 2015
『分身』は自己像幻視の症例報告では? 寄稿 ドストエーフスキイ全作品を読む会
『読書会通信』 No.125
2011
John C. DeToledo「ドストエフスキーのてんかん アリバイ工作に使われたスメルジャコフのてんかん発作に関する考察」(2001) 論文翻訳  Arch Neurol. 2001 Aug;58(8):1305-6.
『読書会通信』 No.88
2005
Howard Morgan「ドストエフスキーのてんかん:ある症例との比較」)(1990) 論文翻訳  Surgical Neurology 1990;33:413-6. 2003
穴見公隆氏「てんかんとドストエフスキー」を聞いて 傍聴記  ドストエーフスキイの会ニュースレターNo.61 2003
P.H.A.Voskuil「ドストエフスキーのてんかん」 (1983) 論文翻訳  Epilepsia 24:658-667,1983. 2002
病的賭博と嗜癖 『賭博者』に想う 発表 ドストエーフスキイ全作品を読む会報告
1996
ドストエフスキーとてんかん 発表  ドストエーフスキイ全作品を読む会報告 1994
ドストエフスキーとてんかん
Henri Gastaut「ドストエフスキーのてんかんについての新しい考察」
(1984)
論文翻訳  ドストエーフスキイの会機関誌『ドストエーフスキイ広場No.2』
Epilepsia 25(4):408-411, 1984.
1992


My Dostoevsky

 題 名     典 拠  収録 
芥川龍之介「侏儒の言葉」より (1987) 抜粋  『昭和文学全集 第1巻』小学館 1987(昭和62)  2017 
室生犀星「また自らにも与へられる日」(『愛の詩集』より)(1918) 抜粋  『抒情小曲集・愛の詩集』講談社文芸文庫、講談社 1995(平成7) 2017 
萩原朔太郎 「初めてドストイェフスキイを讀んだ頃」 (1935)  青空文庫 『萩原朔太郎全集 第九卷』筑摩書房 1976(昭和51)年5月25日初版 2017 
北条民雄「覚え書」独語 ―癩文学といふこと―」 (1980) 青空文庫  『定本 北條民雄全集 下巻』東京創元社 1980(昭和55)年12月20日初版  2017 
『出家とその弟子』と『カラマーゾフの兄弟』  寄稿  ドストエーフスキイ全作品を読む会 2017
『読書会通信』No.162 
2017 
倉田百三『愛と認識との出発』の中のドストエフスキー  (1950) 抜粋  『愛と認識との出発』角川文庫  1950(昭和25)  2017
スタブローギンは何のためにアイスランドに行ったのか  寄稿  ドストエーフスキイ全作品を読む会 2017
『読書会通信』No.161 
2017 
『悪霊』もう一つのメタファ   寄稿  ドストエーフスキイ全作品を読む会 2017 
『読書会通信』No.160付録(Web版のみ) 
2017 
夏目漱石『思い出すことなど』[ドストエフスキーに言及した箇所] (1910) 抜粋 「夏目漱石全集7」ちくま文庫、筑摩書房1988(昭和63)  2016 
 地下室人に読ませたい『哲学入門』  寄稿  ドストエーフスキイ全作品を読む会
『読書会通信』No.144 
 
2014 
 ドストエフスキー『地下室の手記』  発表  第29回医学図書館サービス研究大会 
知的書評合戦 ビブリオバトルin MIS 29 
 
2012
アリョーシャはだれか ケアの達人 私のアリョーシャ論」その後  発表  ドストエーフスキイ全作品を読む会報告  2010 
『悪霊』クイズ   寄稿  ドストエーフスキイ全作品を読む会
『読書会通信』No.107
 
2008 
ケアの達人 「わたしのアリョーシャ」論  寄稿  江古田文学66号(2007年秋)
日本大学芸術学部
 
2007 
医師チェーホフと患者チェーホフ   寄稿  江古田文学62号(2006年夏)
日本大学芸術学部 
2006
ドストエフスキーが『主婦』を書いたころ 発表 ドストエーフスキイ全作品を読む会
2002
熊谷暢芳氏の「嗜癖をとおしてミーチャを読む」を聞いて  寄稿  ドストエーフスキイの会ニュースレターNo.46  2000 
ムイシュキンの謎 『謎とき白痴』を読んで  寄稿  ドストエーフスキイの会機関誌
『ドストエーフスキイ広場No.5』
1996
ドストエフスキーと夢  寄稿  東邦大学医学部図書館ニュース No.190 1988
脳生理学者とドストエフスキー  寄稿  ドストエーフスキイの会会報 No.100  1987

ウェブサイト

ドストエフスキーとてんかん/病い 関連資料 ドストエーフスキイ全作品読む会 Medical Dostoevsky
ドストエフスキー(てんかんについて「てんかん列伝」より) 愛知県青い鳥医療福祉センター 青い鳥ウェブ講座
Diagnosing Dostoyevsky’s epilepsy  (Neuroscience writer)