ラスコーリニコフの13日間(1865年7月8日〜7月20日)
(典拠:江川卓 謎とき『罪と罰』新潮選書1986 第XIII章:13の数と「復活」神話)

:注目すべき対話・対決の場面/:夢の場面 [ ]は付記(編集室)
 1日目 老婆のもとへの瀬踏み、酒場でのマルメラードフと出会い、家まで送る。  1865年
 7月8日
第1編
 2日目 母の手紙。並木道の少女。馬殺しの夢。リザヴェータと商人の会話を聞く。   7月9日  第1編 
 3日目 オアシスの夢。犯行準備。午後7時過ぎ、老婆とリザヴェータを殺害。下宿へ逃げ帰る。   7月10日 第1編 
 4日目 午前11時、警察署へ出頭し、そこで失神。盗品を石の下に隠す。ラズーミヒンを訪れる。ネヴァ川のパノラマ。[イリヤ・ペトロヴィッチが主婦を殴る夢]この夜から意識不明。   7月11日 第2編 
 5日目 意識不明。ラズーミヒン駆けつける。伝書人、母からの送金を届けにくる。酒場の亭主、ミコールカのことを警察に通報。同夕、ミコールカ連行さる。   7月12日  第2編 
 6日目 意識不明。スヴィドリガイロフ上京。   7月13日 第2編 
 7日目 午前10時、意識を回復。第2の伝書人から金を受領。着替え。枕元で犯行の話。ルージン来訪。午後8時、夜の散歩へ、水晶宮でザメートフと対話。身投げ女を目撃。老婆の家を再訪。マルメラードフの死。ラズーミヒンと下宿に。母、妹の上京。   7月14日  第2編 
 8日目 母、妹、ラズーミヒンと話し合う。ソーニャの来訪。ポルフィーリイ宅訪問凡人・非凡人論。「地から湧いたような男」と遭遇。老婆殺しの夢。スヴィドリガイロフ来訪。(以上第3編)スヴィドリガイロフとの対話。午後8時、家族とともにルージンと会う。午後11時、ソーニャを訪れ、福音書朗読  7月15日  第3〜4編
 9日目 午前11時、警察署でポルフィーリイと対決。ミコールカの自首。(以上第4編)マルメラードフ家の法事、ソーニャに冤罪。2度目のソーニャ訪問、犯行を告白。カチェリーナの発狂。ドゥーニャ来訪、ラズーミヒンについて話す。カチェリーナの死。スヴィドリガイロフと出会う  7月16日  第4〜5編 
 10日目 町をさまよい関門の外へ出る。ソーニャ宅でスヴィドリガイロフと出会う(?)   7月17日  第6編 
 11日目 スヴィドリガイロフ、「空気、空気、空気が必要」と言う。母、妹、ラズーミヒンが下宿を訪ねるが不在。(?)   7月18日  第6編
 12日目 クレストフスキー島で夜を明かす。この日、カチェリーナの葬儀。午後2時、ラズーミヒン立ち寄る。ポルフィーリイが来訪し、自首を勧める安料亭でスヴィドリガイロフと話しこむ
スヴィドリガイロフ、ドゥーニャを監禁、その後、遊園地、許嫁宅をまわって安旅館へ。[
ぐしょぬれの少女の夢]。
ラスコーリニコフ、雨中、川岸をさまよう。
 7月19日  第6編 
 13日目 スヴィドリガイロフ自殺。母を訪ねる。ドゥーニャの来訪。ソーニャ宅に寄り、センナヤ広場で大地に接吻、警察署へ自首。   7月20日  第6編 
1年半後 ラスコーリニコフ、犯行の日から1年半後。シベリア[オムスク]の監獄にいる。[せん毛虫の夢] 1867年
1月初め頃
エピローグ

?の注(10,11日目):語り手がこの時期のラスコーリニコフの記憶の混濁を指摘しているため。
エピローグ第1章は1867年1月頃と推測される。『ロシア報知』12月号にエピローグが掲載されたちょうどその時点にあたっている。


江川卓さん(天声人語)