ドストエーフスキイ全作品を読む会

Фёдор Михайлович Достоевский(1821.11/11 - 1881.2/9)
ドストエフスキー作品 MEMO


当HP担当者の興味本位で収録しているものです。

    


作 品  発表年( )は年齢  読書会開催
カラマーゾフの兄弟 1879~80 (58~59)  2019年2月~  
『作家の日記』より  1876(55) 2018年12月 
キリストの樅の木に召された少年  百姓マレイ 百歳の老婆
未成年 1875 (54)  2018年6月~10月 (全3回)
武田泰淳 悠々たるいそがしさ
James L. Foy ら ドストエフスキーと自殺
おとなしい女 1876 (55 2018年4月
下原康子 「おとなしい女」と『作家の日記』
悪霊  1871~72 (50~51)
2016年12月~2018年12月(全7回)    
永遠の夫 1870 (49) 2016年10月15日 
伊東佐紀子『永遠の夫』(プレイバック読書会より)
白 痴  1868 (47) 2015年12月~2016年8月(全5回)  
賭博者 1866 (45) 2015年10月
罪と罰  1866 (45) 2014年12月~2015年8月 (全5回) 
地下室の手記 1864 (43) 2014年4月~2014年8月  (全3回)
分 身  1846 (25)  2011年2月~2011年4月  (全2回) 
貧しき人々 1846 (25)  2010年10月~2010年12月 (全2回)  

ドストエフスキー作品年表 (HP:本嫌いさんの読書感想文)
ドストエフスキー翻訳作品年表(HP:ナダ出版センター)
 Works of Fyodor Dostoevsky(Index of the Project Gutenberg)




カラマーゾフの兄弟(読書会:2019年2月~ 

カラマーゾフの兄弟 目次
荒野の誘惑(マタイ福音書 第4章1-11)
カラマーゾフの兄弟 学習ガイド
 
カラマーゾフの兄弟における父親殺しまでの三日間 アリョーシャの動きを中心に

Predrag Cicovacki  ドストエフスキーの作品におけるゲーテの「ファウスト」の役割
ドストエフスキーのてんかん アリバイ工作に使われたスメルジャコフのてんかん発作に関する考察
『カラマーゾフの兄弟』を読みなさい
ケアの達人「わたしのアリョーシャ」論 
『出家とその弟子』と『カラマーゾフの兄弟』

スメルジャコフの印象 
イワン・クラムスコイ『観照する人』
 



悪霊(読書会:2016年12月~2018年12月

『悪霊』目次 
『悪霊』クイズ
スタブローギンは何のためにアイスランドに行ったのか
チホンvsスタブローギン 二つの疑問 


 
 クロード・ロラン 「アキスとガラテア」(Acis et Galatee 1657)ドイツのドレスデン美術館蔵



白痴(読書会:2015年12月~2016年8月 全5回)

プレイバック読書会『白痴』
純粋な読者(新谷敬三郎『白痴』を読む
精神病理学の立場から(赤田豊治)
楽園への道(ハロルド・L・クローアンズ) 
ムイシュキンの謎  江川卓『謎とき白痴』を読んで
ドストエフスキーのてんかん:ある症例との比較(Howard Morgan)

ウェブサイト 
[玉城康四郎居士の解脱体験 Howard Morgan論文との比較から]
ブログ《風信 327,328,329,330,331


   
 ラファエルロ「サン・シストの聖母」      ホルバイン「棺のなかのキリスト」




『賭博者』 (読書会:2015年10月)

ドストエフスキーのルーレット賭博関連の記録 
プレイバック読書会『賭博者』
ドストエフスキーとギャンブル
『賭博者』に思う 病的賭博と嗜癖



ウェブサイト 
ギャンブラーズ・アノニマス 日本
依存症患者の心の癒やし 




『罪と罰』
(読書会:2014年12月~2015年8月 全5回)

ラスコーリニコフの13日間 
プレイバック読書会『罪と罰』
芥川龍之介『羅生門』
(青空文庫)

ウェブサイト

カラマーゾフ★KIDS(本嫌いさんの読書感想文)
上田 寛: ラスコーリニコフの周辺 -ドストエフスキーの『罪と罰』をめぐって-

手塚 治虫 作『マンガ版 罪と罰』 虫プロ(1953)

   



地下室の手記

3分で紹介:ドストエフスキー『地下室の手記』 
書評:地下室人に読ませたい『哲学入門』
創作:リーザの魂 地下室男ははたしてAV嬢に勝てるか
創作:星は流れなかつた -私の「地下室の手記 -




分身

オリヴァー・サックス『見てしまう人々 幻覚の脳科学』 第14章 ドッペルゲンガー
Sebastian Dieguez:文学における様々な分身:身体的自己に関する研究における文学の貢献 
オットー・ランク『分身 ドッペルゲンガー』
『分身』は自己像幻視の症例報告では?


戻る