ドストエーフスキイ全作品読む会
ドストエフスキー作品メモ




ドストエフスキー年譜
典拠:『悪霊』別巻(亀山郁夫 訳) 



1821年


10月30日(新暦11月11日)、軍医の父ミハイル・アンドレーヴィチ(1789〜1839年)、母マリヤ・フョードロヴナ(1800〜64年)の次男として生まれる。兄弟姉妹は長男ミハイル(1820〜64年)ほか、四男四女。

1831年 10歳
             
父がトゥーラ県にダロヴォーエ村を買い、以後、夏の休暇をこの村で過ごすことになる。このころシラー作の芝居『群盗』を見、決定的な感銘を受ける。翌年、父は隣村のチェルマシニャーを買う。

1834年 13歳

兄ミハイルとフョードル、モスクワのチェルマーク寄宿学校に入学。

1837年 16歳

1月、プーシキン、決闘で死去。2月27日、母マリヤ、肺結核で死去。3月、プーシキンの死の知らせに接する。兄ミハイルとフョードル、ペテルブルグの予備寄宿学校に入学。父ミハイル、病院を辞職。

1838年 17歳

1月、中央工兵学校に入学許可。不合格となった兄は4月にレーヴェリ(現在のダーリン)に移る。10月、試験の成績優れず原級にとどまる。この年、イギリスの作家アン・ラドクリフの影響のもと、「ヴェネツィアの生活の小説」を書く。グーベル訳のゲーテ『ファウスト』第1部が出版され、この時期に読んだ形跡がある。

1839年 18歳

6月、父ミハイルがチェルマシニャーのはずれで農奴たちに殺害される(8日=推定)。父はその直前、隣の領地の女領主アレクサンドラ・ラグヴィヨーノワと結婚する意志があった。父の死の知らせを受けたあと、初めての癲癇の発作を起こしたという家族の証言。

1840年 19歳

11月、下士官に任命される。読書に熱中。この年から翌年にかけ、史劇「マリア・スチュアート」「ボリス・ゴドゥノフ」を創作(散逸)。

1843年 22歳

8月、中央工兵学校を卒業、陸軍少尉に任命される。工兵局製図課に勤務。バルザックの 『ウージェニー・グランデ』をロシア語に翻訳。

1844年 23歳

2月、遺産相続権を放棄。10月、工兵局を退職、『貧しき人々』の執筆に専念する。作家グリゴローヴィチと共同生活。

1845年 24歳
 
5月末、『貧しき人々』完成。評論家の大立者ベリンスキーに絶賛される。

1846年 25歳

1月、『貧しき人々』が詩人ネクラーソフの総合誌「ペテルブルグ文集」に掲載される。その後、『分身』(2月)、『プロハルチン氏』(10月)を雑誌「祖国雑記」に発表するが不評。10月末、詩人ネクラーソフと口論、雑誌「現代人」と決別する。

1847年 26歳

2月、社会主義者ペトラシェフスキーの会への接近。ベリンスキーと論争し、不和となる。秋から暮れにかけて、『家主の妻』を「祖国雑記」(10月、 11月)に発表。

1848年 27歳

2月、『弱い心』を「祖国雑記」に発表。5月、ベリンスキー死去。秋から冬にかけ、ペトラシェフスキーの会に頻繁に出入り。12月、『白夜』が「祖国雑記」に掲載される。ほかに 『ポルズンコフ』『クリスマス・ツリーと結婚式』などを発表。

1849年 28歳

1月、2月、『ネートチカ・ネズワーノワ』の最初の部分を「祖国雑記」に発表。春、ぺトラシェフスキーの会が分裂する。4月15日、ベリンスキーがゴーゴリに宛てた「手紙」を朗読。4月23日、皇帝直属第三課による捜査が入り、ペトラシェフスキーの会のメンバー24名とともに逮捕され、ぺトロパヴロフスク要塞監獄に収監される。11月16日、有罪判決を受ける。12月22日、セミョーノフスキー練兵場に連れ出され、死刑を宣告されるが、執行の直前に皇帝の恩赦が下り、同月24目、シべリアの流利地に向けて旅立つ。

1850年 29歳

1月、トボリスク着、12月党員(デカブリスト)(ムラヴィヨフ、アンネンコフら)の妻たちから『聖書』を贈られる。同23日、シベリアのオムスク監獄に到着。その後の監獄体験がのちに『死の家の記録』として結実する。

1854年 33歳

2月、刑期満了。3月、セミパラチンスクのシベリア守備大隊に配属される。県庁書記イサーエフと知り合い、その妻マリアに恋をする。

1855年 34歳

8月、イサーエフ死去。

1857年 36歳

2月、クズネーツクでイサーエフの未亡人マリアと結婚。貴族としての権利を回復する。『小さな英雄』を執筆。

1858年 37歳

10月、兄ミハイルの雑誌「時代」誌の発行許可が下りる。

1859年 38歳

3月(4月?)、『伯父様の夢』を雑誌「ロシアの言葉」に発表。7月、セミパラチンスクを出発し、8月、トヴェーリに着く。11、12月、『スチェパンチコヴォ村とその住人』を「祖国雑記」に発表。12月、10年ぶりにペテルブルグに帰還する。

1860年 39歳

9月、『死の家の記録』の連載が週刊誌「ロシア世界」で開始される。連載は翌年「時代」に移る。

1861年 40歳

1月、兄ミハイルが「時代」を発刊。「時代」に『虐げられた人々』を連載する。2月19日、農奴解放令発布。9月、作家志望の若い女性アポリナーリア・スースロワを知る。

1862年 41歳

6月、最初のヨーロッパ旅行に出発。パリ、ロンドン、ジュネーヴ、フィレンツェなどを訪ね、9月に帰国する。『死の家の記録』第2部、『いやな話』などを執筆。

1863年 42歳

5月、「時代」が発行停止となる。8月、アポリナーリア・スースロワとヨーロッパ旅行に出発。イタリア各地を旅し、10月中旬に帰国。賭博に熱中する。

1864年 43歳

1月、兄ミハイルが雑誌「世紀」を発刊する。3月、4月、『地下室の手記』を「世紀」に発表。4月15日、妻マリア、結核のためにモスクワで死去。7月10日、兄ミハイル、急病で死去。兄の遺族の面倒をみる。9月、友人のグリゴーリエフが死去。

1865年 44歳


3月、「世紀」廃刊となる。この時期、コルヴィン・クルコフスカヤに結婚を申し込む。7月、3度目のヨーロッパ旅行に出発。10月中旬に帰国。『鰐』執筆。

1866年 45歳

1月、『罪と罰』の連載を「ロシア報知」で開始(12月号で完結)。10月スニートキナの助けを借り、口述で『賭博者』を完成させる。11月8日、アンナに結婚を申し込む。以降、口述執筆のスタイルがとられる。

1867年 46歳

2月15日、アンナと結婚。4月14日、アンナとヨーロッパ旅行に出発、ベルリン着。その後、ドレスデン、バーデン・バーデン、バーゼルを経て、8月にジュネーヴに到着。ドレスデンではラファエロ『サン・シストの聖母』を、バーゼルでは『死せるキリスト』を見る。バーデン・バーデンでは賭博に熱中。『白痴』の執筆。

1868年 47歳

1月、『白痴』 の連載が「ロシア報知」で始まる。(翌年2月号で完結)。2月22日、 娘ソフィアが誕生するも、5月12日に死亡する。9月にミラノに移り、さらにフィレンツェに向かう。

1869年 48歳

ヴェネツィア、ボローニャ、トリエステ、ウィーン、プラハを経て、8月、ドレスデンに戻る。9月、娘リュボーフィ誕生。11月、モスクワで社会主義者ネチャーエフらによる内ゲバ殺人事件。

1870年 49歳

1月、2月、『永遠の夫』を雑誌「朝焼け」に連載。10月、「ロシア報知」編集部に『悪霊』の冒頭部を送る。

1871年 50歳

1月、『悪霊』の連載を雑誌「ロシア報知」で開始。3月〜5月、パリーコンミューン。否定的な態度をとる。7月、ドレスデンを発ち、ペテルブルグに着く。出発の前に、国境での検閲を怖れ『白痴』『悪霊』の草稿を焼く。このとき、妻アンナ「創作ノート」を別便で帰る母親に託して救う。7月1日、ネチャーエフ事件の審理開始。発表された「革命家のカテキズム」を熟読。7月16日、息子フョードルが誕生する。年の暮、モスクワに滞在し、イワーノフ(=シャートフ)殺害現場を検分。2月、『悪霊』第2部完結(1月、2月、4月、7月、9月、10月、11月号に連載)。以後、1年間にわたって休載となる。

1872年 51歳

5月、スターラヤ・ルッサに行く。9月、ペテルブルグに戻る。11月、12月、『悪霊』第3部が「ロシア報知」に発表され連載完結。12月、週刊誌「市民」の編集を引き受ける。

1873年 52歳

1月、ドストエフスキー編集による「市民」の刊行開始。『作家の日記』を連載。「ボボーク」(『作家の日記』第6章)などを執筆。

1874年 53歳

4月、「市民」の編集を離れる。5月、スターラヤ・ルッサに行く。6月、ドイツの保養地エムスに向かう。この冬はスターラヤ・ルッサで過ごす。

1875年 54歳

1月、『未成年』の連載を「祖国雑記」で開始、12月号で完結。5月末、病気療養のためにエムスに行き、7月にスターラヤ・ルッサに戻る。8月10日、次男アレクセイ生まれる。

1876年 55歳

2月、雑誌「作家の日記」の刊行を始める。3月、ペテルソンからの手紙でニコライ・フョードロフの思想を知り、衝撃を受ける。5月から6月までスターラヤ・ルッサで過ごし、7月、ドイツのエムスに向かう。11月、「おとなしい女」を「作家の日記」に発表。他に「キリストのヨールカに召された少年」「百姓マレイ」「百歳の老婆」など。

1877年 56歳

4月、「おかしな男の夢」を「作家の日記」に発表。7月、ダロヴォーエ、チェルマシニャーを40年ぶりに訪問。チェルマシニャーでは、スメルジャコフの母リザヴェータのモデルになった「神がかり女」アグラフェーナ・チモフェーエヴナにも会う。12月、ネクラーソフ死去。

1878年 57歳

1月24日、女性革命家ヴェーラ・ザスーリチがペテルブルグ特別市長官トレーポフ将軍を狙撃、重傷を負わせる。3月、ザスーリチの裁判に出席。5月16日、次男アレクセイが癲癇の発作で死去。6月、哲学者ウラジーミル・ソロヴィヨフと、オプチナ修道院を訪ね、アンブローシー長老と面談する。

1879年 58歳
1月、『カラマーゾフの兄弟』の連載を「ロシア報知」で開始(第1編、第2編)。このあと各地で、進行中の『カラマーゾフの兄弟』の朗読をたびたび行う。7月、エムスに向かう。9月、ロシアに戻る。

1880年 59歳

6月、プーシキン記念祭で講演(「プーシキン講演」)、聴衆に異常な興奮を巻き起こす。その後、スターラヤ・ルッサに戻る。夏、子どもたちにシラーの『群盗』を読んできかせる。11月、『カラマーゾフの兄弟』完結。12月、単行本『カラマーゾフの兄弟』2分冊で刊行。

1881年


1月25目、転がったペンを拾おうと棚を動かしたさいに咽喉から出血。28日、肺動脈破裂、妻、子どもたちに別れをつげる。午後8時38分、絶命する。享年59。

1918年

アンナ夫人、死去。