ドストエーフスキイ全作品読む会

荒野の誘惑 


(マタイ福音書 第4章1-11 塚本虎二 訳 1963))

間もなくイエスは悪魔の誘惑にあうため、御霊につれられて荒野の上られた。四十日四十夜断食をされると、ついに空腹を覚えられた。すると誘惑する者(悪魔)が進み寄って言った、「神の子なら、そんなひもじい思いをせずとも、そこらの石ころに、パンになれと命令したらどうです。」しかし答えられた、「“パンがなくても人は生きられる。もしなければ、神はそのお口から出る言葉のひとつびとつでパンを造って、人を生かしてくださる”と聖書に書いてある。」そこで悪魔はイエスを聖なる都エルサレムに連れてゆき、宮の屋根に立たせて言った、「神の子なら、下に飛び降りたらどうです。“神は天使たちに命じて、手にてあなたを支えさせ、足を石に打ち当てないようにしてくださる。”と聖書に書いてあります。人々はそれを見て信じ、たちどころにあなたの国ができます。」イエスは言われた、「ところが、“あなたの神なる主を試みてはならない”とも書いてある。」悪魔はまたイエスを非常に高い山に連れてゆき、世界中の国々と、栄華を見せて言った。「あれを皆あげよう、もしひれ伏してわたしをおがむなら。」そこでイエスは言われる、「引っ込んでろ、悪魔!聖書に“あなたの神なる主をおがめ、”主に”のみ”奉仕せよ”と書いてあるのだ。」そこで悪魔が離れると、たちまち天使たちが来てイエスに仕えた。